病気

ヘッダー

精神的な病気である可能性も高い

俗に「クレーマー」と呼ばれる人には、様々な原因と理由があります。

まず、病気でなくてもはじめから文句をつけるわけではなく、次第にエスカレートして結果的にクレームになってしまうタイプの人がいます。

例えば、電話で相手と話している間にいちゃもんをつけるような展開になってしまい、最終的には口論になってしまう人がいます。 性格的に興奮しやすい人が陥ってしまいやすいパターンですが、相手からは「普通ではない」「病気だ」「急に興奮して怒鳴り始めた」などとすぐに言われてしまいます。

病気に対してのケア方法を探していく

本人はそれほど悪気があるわけでなく、むしろ仕事に熱心で細かいところにまで気がつく性格なのに、更にそれが相手に認めてもらえないのです。 また、これが全然通じないと感じた瞬間、クレーマーとしての興奮のスイッチが入ってしまうのです。

そして中には、このように時間が経過すると冷静になります。 しおらしく謝罪をする人もいますが人病気でが変わったようにそこから豹変することもあります。

統合失調やメンタルの病気の兆候であることも

また、仕事や普段の生活の中で大きなストレスが病気でなくかかっている人も撃退する対象のクレーマーになりやすいといわれています。

これは、自分が我慢の限界に達し、それでも解決策が見いだせない場合、極度の緊張と重圧のガス抜きのために無関係な第三者に難癖を何度もつけることがあります。 もし筋の通っていないクレーム、目についた相手や立場の弱い人に対して、あたり散らします。

ストレス解消として八つ当たりをするという無謀な心理状態ですが、これは自己防衛の一種です。

積み重なってしまうストレスを解決できない自分を、体が病気で立場の弱い人に重ねて攻撃することです。 これが自分にストレスを与えている原因になりかわり、うっぷんを晴らすのです。

これとは別に、病気でなくても粘着型のクレーマーもいます。

病気だとしたら診察に行くべき?

粘着型は非常にしつこく、何度も繰り返し、長期間にわたりクレームをつけます。

この場合のクレーマーは、病気は自分の欲求が満たされるまでひたすら相手に謝罪を求めたり、自分の生い立ちや過去の生活をとうとうと語った上で力をねじ伏せようとしてきたり、自分を誇示するためのクレームが主になります。

家族や恋人がこういった病気になったら

粘着型のいちゃもんをつける行為をする人は、企業のコールセンターやお客様相談窓口、提携している弁護士などの士業のホットライン、行政や民間監視団体といった、ある程度組織だったところへ電話やメールを繰り返します。一種のストーカー的な言動をし、対応した相手の名前を聞き出して名指しで批判を始めることが特徴です。

また、対応した相手の人格否定や、探偵を使って個人情報を入手し「お前のことは調べてある」など、脅迫行動もします。

細分化すればいくつものパターンに分けられますが、その根本的な一番の原因はいずれも病的なほど加速しエスカレートした感情によるものです。

これは、心の病気であることもあります。

高齢者のクレーマーは病気と性格かわからない

感情をコントロールできなくなる脳の病気であることもあります。クレーマーを人格障害という言葉でも表現されることがあります。

心の病気を抱えている人は現在では100人に1人とも、50人に1人ともいわれています。

このような病的に苦情をする人たちは、感情のコントロールができずに自分でも解決法がわからないままのことも実際にあります。

周囲の人たちがその異変に一番気づいていますから、できれば双方で落としどころを模索するような話し合いがもてれば解決に近づきます。

コールセンターなどを相手に文句をいれるクレーマーは、普段の生活では常識人で通っていることもあります。 裏の顔と表の顔を上手に使い分けている病気のケースです。 それでも、心のバランスはいつか崩れていきますから、自我が破たんするのも時間の問題です。