口コミ

ヘッダー

やはり慣れているオペレーターの口コミが参考になる

クレーマーというのは避けては通ることができない存在であり、企業にとっても何時の時代も悩みの種や口コミの一つとなっています。

クレームといってもそれは多種多様なものがあり、相手の正当性があるのであればそれは企業に対する貴重な意見として真摯に受け止める必要があり、またそのような意見を申し出てくれる相手というのは優良な顧客といえる存在です。

そのため、クレームを人くくりにして悪とするのではなく企業としてのあり方の改善に役立つようなクレームであれば、これがブログや口コミではどんどん喜んでそれを受け入れる必要があるのですが、問題となるのが正当性のない相手の一方的な思い込みやわがままによるクレームです。

口コミでも話題となったクレーマー対応術

このようなクレームをしてくるクレーマーというのは企業にとっても何も生み出さないような存在であるばかりか、この貴重な得ることが難しいそういったリソースをそのような無駄なクレームに対して割かれてしまうことになるため、業務に支障が出てしまったり本来他のことに充てることができるはずだった時間を無駄にしてしまうことになるのです。

それでは、このような悪質なクレーマーというのは適当にあしらってしまえば、結果としては良いのかというとそのようなことはなく、このような口コミはこの手のタイプをいい加減にあしらってしまうとあることないこと世間に吹聴されてしまい、企業としてのイメージダウンに繋がってしまいます。

失敗した口コミから学んで活用しましょう

特に最近ではインターネットによる口コミといったものの影響が大きくなってきているので、悪い口コミというのはあっという間に世間に広まってしまい、企業としても大きなダメージを受けてしまうことになるのです。

消費者側というのはそれが事実かどうかがわからずとも、良い情報よりも悪い情報の方を信じることが多いものですから事実無根の口コミであっても企業にとって受ける影響は大きなものとなってしまうため、悪質なクレーマーだからといって邪険に扱うことができないのです。

それだけにクレーマー撃退に対する扱いというのはどこの企業であっても、これが頭を悩ます問題となっているのですが、このような人間に対する方法というのはまずじっくりと話を聞くより他ありません。

口コミで評判のクレーマー撃退法は通用しない

この手のタイプの人間というのは、まず誰かに対して不満をぶちまけたいと考えているだけに、下手に説得をしようとすると逆効果になってしまいやすくより事態を悪化させてしまうということは多いものになっています。

それだけに相手の話をまずじっくりと聞くことで言いたいことを全て言わせると、それで大分問題が解決することが多いのです。

絶対言ってはいけない喧嘩や口コミ

不満を言うことが目的となっているので言いたいことを全て言い終われば、クレーマーの口コミでも相手としても目的を達成しているわけですから後は適当に企業として至らないところがあったなどと相手を立てるようにして、相手の意見を受け止めたようなポーズをとれば満足して帰っていくことが多くあります。

しかし、このときに絶対にしてはいけないのが不当な要求をしてくる相手に、その要求を飲んでしまうということです。

一度相手の不当な要求を飲んでしまえば、揉めている相手は更に逆上しエスカレートして無理な要求をけしかけてくることに口コミではなります。

ブログや口コミでも注目されている本

そのため、企業としてできないことはきっぱりと出来ないと断りを入れることで、相手が無理な要求をしてきてもそれだけは受け入れることができないという姿勢をはっきり示すことはとても重要なことになるのです。

それでも相手がしつこく恐喝まがいの不当な要求をするのであれば、それを口コミでは証拠として抑えて警察などに相談をすることが重要です。

企業としては極力警察沙汰にはしたくないものですが、あまりに悪質な相手は公的権力に任せた方が結果として問題が大きくならないこともあるので、口コミによれば時にそのような外部の力に頼るのもクレーマーに対処としては大事なこととなるのです。